人気ブログランキング |

(13)六ポケット家族 その1

第一章 六ポケット箱根旅行

第二章 六ポケット誕生会

第三章 六ポケット伊豆高原旅行

第四章 第一回保育園クリスマス大会

第五章 第二回保育園クリスマス大会


  登場人物

  岩田源一郎 (六十九歳)

  岩田和子  (六十六歳)

  岩田雅之  (四十歳)

  岩田夕子  (三十六歳)

 岩田隼人  (六カ月)


  福山正    (七十二歳)

  福山利律子 (六十八歳)


第一章 六ポケット箱根旅行


    一


 二〇一四年六月五日頃に梅雨入りした関東地方は、六日間ほど雨の日が多かったが、十九日頃から晴れの日が続いている。今日(二十二日)も梅雨の谷間の良い天気である。


 ここはJR成瀬駅から徒歩十五分の所にある二世帯住宅で、土地が約五十坪、建坪がちょうど四十坪ある。土地と建物は、岩田雅之と妻夕子の共同名義で購入し、長男の隼人(はやと)の三人が二階に、雅之の両親である源一郎と和子が一階に住んでいる。


 東道路に面しているため祖父母の玄関が南側、息子夫婦と孫の玄関が東側にある。そして一階の廊下で両家族が繋がっている典型的な二世帯住宅である。また、南側と西側にも二階建ての家があり、北側には幅員六メートルの専用通路がある。したがって、南側にはカースペースや樹木、芝生などの庭があり、春から秋にかけて少しの野菜も作っている。


 岩田雅之は八王子市にある機械製作所に、そして夕子は横浜線の鴨居にある食品製造会社に勤めている。隼人は昨年の十二月十日に生まれたが、夕子が半年の産休を取ったあと、両親は隼人を近くの保育園に預けた。ということで隼人の保育園の送り迎えは、年金で生活している源一郎と和子がやっている。


 六月の第三日曜日、すなわち父の日は、午後五時から二階のダイニングで雅之と夕子、隼人、そして源一郎と和子が四角いテーブルを囲んで、夕食会を始めるところだった。注文したお寿司とスーパーで買って来たお刺身やたこ焼き、そして夕子と和子で作った家庭料理を前にして雅之が、

「今日は父の日でもありますし、隼人も今月の十日で六カ月になりました。隼人はまだ離乳食ですが、私たちはビールを飲みましょう」

 と言って父の源一郎に、夕子が義母の和子にビールを注ぐと、今度は源一郎が雅之に、和子が夕子にビールを注いだ。隼人はベビーチェアに腰掛けたまま、黙って両親と祖父母を見ていた。みんな揃ったところで雅之が、

「それでは、みんなの健康を祝して乾杯!」

 と言うと、大人たちはビールを飲み始めた。夕子は少しだけビールを飲むと、隼人に離乳食を食べさせた。


 源一郎と和子、そして雅之はお刺身やたこ焼きを食べたり、お寿司を食べたりしてビールを美味そうに飲んでいた。夕子は隼人に離乳食をあげたり、自分もその合間をぬって、お刺身みやたこ焼きなどを食べたりしていた。みんながビールをお代わりしたところで雅之が、

「それで箱根に行く日を来月の三十一日と八月一日にしたいと思っています。木曜日と金曜日に会社を休んだほうがいいし、夏休みなので金曜日や土曜日は予約が難しいから」

 と言うと和子が、

「私たちは毎日が日曜日だから、それでいいわ。それはそうと、箱根というと芦ノ湖に行ったり、箱根ロープウェイに乗ったりするのかしら?」

 と訊いたので雅之は、

「芦ノ湖は行くけどロープウェイに乗るのは、隼人にはまだ無理だと思う。それよりもガラスの森美術館に行く予定だ」

 今度は源一郎が、

「芦ノ湖に行ったら遊覧船に乗るのもいいね」

 と言って、イカの刺身に箸を付けた。夕子は隼人の離乳食が終わったので、

「旅館はガラスの森美術館のすぐ近くにあり、食堂と私たちが泊まる建物は離れているの。パンフレットを見ると、林の中にあって別荘みたいな雰囲気だわ」

 雅之は両親が喜んでいるようなので、

「それで旅行には福山さんも行ってもらうことに。そして八人乗りのワゴン車を借りようと思っている」

 と言った。その後、みんなはビールやお刺身、お寿司などを食べながら楽しく時間を過ごした。雅之が腕時計を見ると、八時十分前だったので、

「そろそろ終わりにしたいと思います。隼人をお風呂に入れたいから」

 と言うと、源一郎も腕時計を見てから、

「それじゃ、俺たちは引き上げようか」

 続いて和子も、

「今日はご馳走さまでした。隼人君、バイバイ!」

 最後に夕子が、

「お義父さんとお義母さん、今夜は有難うございました。お休みなさい」

 と言ったので、源一郎と和子はダイニングを出て、一階に下りて行った。


     二


 関東地方は七月二十一日に長かった梅雨が明け、今年も真夏の太陽が照りつける暑い季節がやってきた。ようやく夏の暑さに慣れてきた七月三十一日は、朝から曇っており少し蒸し暑かったが、高台にある家の周りは風が涼しげに吹き抜けていた。


 二階に住んでいる雅之と夕子は、隼人にも朝食を食べさせ、旅行に行く準備の真っ最中だった。雅之は八時半になると自家用車に乗って、八人乗りのワゴン車を借りるため、成瀬駅前のレンタカーショップに行った。家のカースペースが空いた所に、福山夫妻が自家用車で来ることになっている。その時間を九時に決めたので、九時五分前に福山夫妻が到着した。


 したがって、一階に住んでいる源一郎と和子は悠々たるものである。朝早くから息子夫婦と孫、そして福山夫妻が狛江市から一時間ほど掛かって、車に乗って来るのとは雲泥の差である。


 福山夫妻が二階に上がって夕子と話し始めた時に、雅之がワゴン車に乗って帰って来た。雅之が東玄関前にワゴン車を停めると、源一郎と和子が戸締りをし、南玄関から出てワゴン車のそばに来た。雅之は二階に上がり福山夫妻と夕子、それに隼人を連れて東玄関から出て来た。そこで初めて源一郎と和子、そして福山夫妻との挨拶が交わされた。


 それはともかくとして、源一郎と和子は何もしなくても旅行の準備ができたものだ、と感心していた。みんなの荷物をワゴン車の後ろに積み込むと雅之が、

「お父さんとお母さんは二列目座席に、夕子と利律子さん、隼人は三列目座席に、そして正さんは助手席でお願いします」

と言ったので、みんなはワゴン車に乗った。雅之がワゴン車を発進させると夕子が、

「今、九時半だから芦ノ湖に着くのは、順調に行けばお昼頃ね」

 と言った。ワゴン車は横浜町田ICから東名高速道路に入った。二列目座席にいる源一郎がスマホでマップを追いかけ、和子はスマホで芦ノ湖にある遊覧船を検索していた。


 三列目座席では早速、夕子が隼人にミルクを飲ませていた。飲み終わると隼人はすぐ寝てしまった。運転席では雅之が、

「お義父さん、高速道路は空いているようだから、十二時前に着くかもしれない」

「そうだね。後ろは静かだから隼人君は寝たようだ」

「今日は朝早くから起きていたからだろう」

 と言って、雅之は快調にワゴン車を走らせていた。


 その後、ワゴン車は厚木ICから小田原厚木道路に入った。運転席にいる雅之が正に声を掛けた。

「お義父さん、道路が混んで来たようだけど、事故が起きたのかな?」

 正も前方を見ながら、

「どうやら事故ではなさそうだ。道路工事かもしれない。仕方ない、こういう時は気長に行きましょう」

 それからワゴン車は二十分くらいで渋滞から抜け出し、小田原厚木道路から国道一号線に入った。ここから小涌谷まで道路は、おおむね箱根登山鉄道に沿っているので馴染の場所が多い。まずは箱根湯本温泉に塔ノ沢、そして小涌谷の先は強羅、芦ノ湖などである。


 小涌谷駅を通過した辺りで、三列目座席にいる隼人が目を覚ましたようだ。そうこうしているうちに、芦ノ湖遊覧船の駐車場に着いたので、雅之はワゴン車を駐車場に停めた。

その2に続く。


by stone326 | 2018-02-02 09:00 | 物書きへの道


マカロニ・ウエスタンの歌詞とその魅力について


by stone326

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

このブログについて

本ブログはマカロニ・ウエスタンの映画の主題歌(日本語訳)を紹介します。

本ブログの歌詞は、株式会社IMAGICAエンタテイメント発売のDVDから使用しています。

本の紹介

FLNG船 二〇二二年


ご注文はこちらから


北極熊はどこへ行ったの(第一部)


ご注文はこちらから


勇と美穂のスマホ渡り鳥


ご注文はこちらから

ライフログ


マカロニ・オヤジとつぶやきの用心棒(一)


マカロニ・オヤジとつぶやきの用心棒(二)


ジュリアーノ・ジェンマ特集


フランコ・ネロ特集

カテゴリ

全体
物書きへの道
各駅停駅メロ小説
マカロニ・ウエスタンの歌詞
北極熊はどこへ行ったの
未分類

最新の記事

(57)朝日新聞出版 「マカ..
at 2018-05-13 09:44
(56)朝日新聞出版 マカロ..
at 2018-04-27 08:39
(31)「北極熊はどこへ行っ..
at 2018-02-25 08:25
(30)「北極熊はどこへ行っ..
at 2018-02-24 08:11
(29)「北極熊はどこへ行っ..
at 2018-02-23 08:37

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 08月
2012年 11月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
シニアライフ

画像一覧