(14)六ポケット家族 その2

 雅之たちがワゴン車を降りて外に出ると、雲の谷間から真夏の太陽が顔を出していた。早速、雅之と夕子が隼人をベビーカーに乗せた。雅之は腕時計を見ながら、

「今、十二時半だから食堂に行きましょうか。道路が渋滞していたので少し遅くなってしまいました」

 と言うと利律子が、

「でも、十二時半を過ぎたから食堂は空いてくるかもしれないわ。それに今日は夏休みとはいえ、木曜日で観光客は少ないようだし」

 と言って、みんなと一緒に駐車場を出て、食堂がある通りに向かった。ちょうど手頃なそば定食屋があったので、雅之たちは食堂に入って行った。思っていた通り店内は空いていたので、雅之たちは窓側にある二組の四人掛けテーブルに行った。それを見ていたウェイターが、ベビーチェアを用意してくれた。夕子が隼人をベビーチェアに座らせると、ウェイターがコップに水を持って来て、注文を取り始めた。


 その結果、源一郎と正はうどん定食を、和子と利律子はざるそばを、そして雅之と夕子はかつ丼と焼きそばを注文した。隼人にはミルクと離乳食を持って来たが、焼きそばを少し食べさせるのだろうか。

 みんなで暫く雑談していると、ウェイターが料理を持って来た。先にかつ丼と焼きそばが来たので、雅之と夕子が食べ始めた。そして夕子は隼人にも焼きそばを食べさせた。それからすぐに、うどん定食とざるそばが来たので、源一郎たちも食べ始めた。みんなは食べ終わると、雅之が支払いを済ませ、食堂を出て箱根関所跡港に向かった。

 箱根関所旅物語館に着くと、雅之は乗船券を買いに行った。ネットで遊覧船の出港時間を調べておいた和子が、

「遊覧船は一時四十五分に出るから、まだ三十分くらいあるわ。お土産店でも見て時間を潰しましょうか」

 と言ったので源一郎と正、利律子は店内を物色することにした。そして雅之と夕子は、隼人のおむつを取り替えるため休憩所に行った。


 出港時間の十分前になったので、雅之たちは桟橋を通って船着場に行った。雅之たちは乗船券を船員に渡して、遊覧船の中に入って行った。船内は比較的空いていたので、雅之たちは客室にあるベンチに腰掛けた。雅之は抱っこしている隼人を正に渡し、夕子と一緒に客室を出て船首の甲板に行った。

 船員のガイドと共に、遊覧船は箱根関所跡港を出港した。遊覧時間は約三十分で箱根関所跡港に戻って来る。遊覧船が少し進んで行くと、右側に箱根神社の朱色の鳥居が見えてきた。芦ノ湖の青い水と青い空の間に、箱根山の緑色の木々が良くマッチしている。

 正も抱っこしている隼人を連れて船首の甲板に行った。そのあとを追って和子と利律子、源一郎も甲板に行った。暫くすると、遊覧船の左舷前方に海賊船が見えて来た。それから遊覧船は大きく左方向に旋回し、箱根関所跡港に向かった。雅之は隼人を抱っこしている正に向かって、

「お義父さん、そろそろ隼人にミルクを飲ませようかと」

 と言ったので、正は抱っこしている隼人を雅之に渡した。雅之は客室のベンチに腰掛けると、夕子も一緒に腰掛けた。正たちも隣のベンチに腰掛け、隼人がミルクを飲んでいるのを見ていた。隼人はまだ生後七カ月なので人見知りすることなく、哺乳瓶を両方の小さな手で持って飲んでいた。その姿を源一郎と和子がスマホで写真を撮っていた。


 隼人がミルクを飲み終わる頃に、遊覧船は箱根関所跡港に着いた。雅之たちが遊覧船を降りた所で、雅之は男性の船員に声を掛けた。

「すみませんが、私たちの写真を撮って頂きたいのですが」

「いいですよ。おや、みなさん、お揃いで。七人ですか? ということは六ポケット旅行ですね」

 と言われたので、雅之はにっこり微笑みながら、

「それでは、お願いします」

 と言って、カメラをセットして船員に渡した。二枚写真を撮り終ると、船員がカメラを雅之に返した。雅之はカメラを受け取ると、

「有難うございました。良く写っているので大丈夫です」

「そうですか。それは良かった」

 と言って、船員はみんなに笑顔を向けた。それにつられて源一郎たちも笑顔で挨拶をした。これが六ポケット旅行の微笑ましい姿なのだと思い、みんなは船員と別れてから、桟橋を歩いて駐車場に戻って来た。


 駐車場に着くと、みんなは来た時と同じ座席に腰掛けた。雅之は車を発進させ、駐車場を出た所で、

「それでは小涌谷まで戻り、彫刻の森美術館の前を通って箱根裏街道に入ります。今夜泊まる旅館は箱根ガラスの森美術館の近くです」

 と言ったので、正が腕時計を見てから、

「今、二時半だから三時くらいに着くのかな」

「多分、大丈夫でしょう」

雅之が答えた。

 そうこうしているうちに、ワゴン車は箱根ガラスの森美術館の前を通って、今夜宿泊する旅館に着いた。雅之はワゴン車を旅館の駐車場に停めて、みんなは旅館に入って行った。


     4


 雅之がフロントで宿泊手続きを済ませてから、

「お父さんとお母さんは、これから行く二号棟の二〇一号室で、福山さんが一〇二号室、俺たちが一〇一号室です」

 と言って、部屋の鍵を源一郎と正に渡した。雅之たちはフロントの女性から浴場の場所を教えてもらうと、ロビーを出て二号棟のある建物に向かった。一分ほど歩くと食堂の建物があったので、みんな食堂に入ると雅之が、

「夕食は六時からなので、ここに集まりましょう。そして明日の朝食は八時です」

 簡単な説明のあと、みんなは食堂にあるパンフレットをもらったり、自動販売機の場所を確認したりしてから、今夜宿泊する二号棟に向かった。

 食堂を出ると、樹木に囲まれた石畳の上を箱根の涼しい風が、雅之たちの疲れた顔に優しく語り掛けているようだった。ようこそ箱根へ、と。


 一号棟を過ぎて二号棟に着くと、二階建てのアパートのような作りで、二階に上がるには外階段だった。建物は比較的新しく、外回りは綺麗に掃除されていた。ここで雅之が、

「それじゃ、私たちと福山さんは一階で、お父さんとお母さんは二階です。六時に食堂に集まりましょう」

 と言った。

 外階段を上がって二〇一号室に入った源一郎と和子は、ひと通り部屋を見渡すと先に和子が、

「十畳くらいあるわね。ベランダにもテーブルと椅子が二個あるわ。荷物を整理したら温泉に入りましょ」

「今、三時半だから何はともあれお茶を飲もう。温泉に入るのは四時になってからだ」

 と言うと、和子がお茶の準備をした。


 一階の一〇一号室に入った雅之と夕子も、ひと通り部屋の中を見渡した。夕子が部屋の中にも、お風呂があるのを確認すると、

「雅之さん、隼人にお風呂入れるのは夕食が終わってからだわ」

「そのほうがいいね。家にいる時も、お風呂に入れるのは八時頃だから。それじゃ、おむつを取り替えてから、お茶を飲もう」

 と言って、隼人を座布団の上に仰向けにした。


 隣の一〇二号室に入った福山夫妻も、ひと通り部屋を見渡すと先に利律子が、

「十畳くらいあるわね。ベランダにもテーブルと椅子が二個あるわ。荷物を片付けたら温泉に入りましょ」

「今、三時半だから何はともあれお茶を飲もう。温泉に入るのはそれからだね」

 と言うと、利律子がお茶の準備をした。というように、こちらの老夫婦も源一郎、そして和子と同じような会話だった。


 六時になると別棟の食堂前には、雅之たちの家族七人が集まっていた。ウェイターの案内の元みんなは食堂を入って、すぐ真ん中にあるテーブルに行った。四人掛けテーブルが三個並べてあり、左右に椅子が三個ずつ、そして入口に近いテーブルにはベビーチェアが一個置いてあった。つまり隼人の席から見て、左側の席には夕子と利律子、そして和子が腰掛け、右側の席には雅之と正、そして源一郎が腰掛けた。七カ月にして早くも上座に座るということになった。

 ほかの席はというと、四人掛けのテーブルが十五個ほどあり、女子旅の三人と老夫婦が三組、そして両親と女の子一人、両親と男の子二人などが食事していた。さすがに六ポケットはおろか四ポケットの家族すらいなかった。


 雅之たちが座席に着くと早速、ウェイターが飲み物のオーダーに来た。雅之と源一郎、そして正は生ビールを、夕子と利律子、そして和子はウーロン茶を頼んだ。飲み物が来る前に雅之が挨拶を兼ねて言った。

「今日は隼人のために福山さんも来て頂き、有難うございます。何と言っても、ここに何のことか分からず、黙って見ている隼人が主役ですから」

「そう、こうして左右に三人ずつ、上座に隼人君が腰掛けているのを見ると、六ポケットとは良くいったものだ」

 正が言うと今度は源一郎が、

「食堂に行っても、遊覧船に乗っても、そして、ここでも俺たちのような家族旅行はいないようだから、隼人君は大したものだ」

 すると和子が、

「別に隼人君が決めたわけじゃないけど、旅行の目的が隼人君の笑顔と成長を見守るためだもの」

 と言った時に、ウェイターが生ビールとウーロン茶を持って来た。と同時に夕子は哺乳瓶を用意した。雅之が乾杯の音頭を取ろうとすると、源一郎たちも生ビールやウーロン茶のグラスを持って、

「それでは隼人のために、みんなで乾杯!」

 と言って、生ビールを口に運んだ。みんなはお刺身やサザエの壷焼き、カレイの煮付け、焼き肉などを美味しく頂いた。暫くの間、隣同志で会話をしていたが、やはり隼人の食べている姿が気になるのか、大人たちの視線は常に隼人の方を向いていた。

 そして、七時十分前頃にウェイターが、ご飯とみそ汁を持って来た。残った料理をおかずにして、みんなはご飯を頂いた。ご飯を食べ終わると利律子が、

「明日行くのはガラスの森美術館だけど、帰りは箱根湯本で昼食ね」

 と言ったので、雅之はこれでお開きにしようと思い、

「はい、その工程で行こうと思っています。それでは、これで終わりにしましょう。隼人もお腹いっぱい食べたし、お料理も美味しかったし、これで隼人をお風呂に入れて寝るだけだ」

 と、どうしても隼人中心に話が進んでしまう。みんなは食後の満足感と隼人の笑顔を見ながら、それぞれの部屋に戻って行った。


 二階の二〇一号室に戻って来た源一郎と和子は、NHKのニュースを見ることにした。ニュースが終わると、源一郎はベランダに行った。空を見上げるなり、

「おや、いつの間にか雲が晴れて満月が出ている。これなら明日も晴れて暑くなりそうだ」

 と言う声を聞いた和子もベランダに来て、

「あら、本当だ! 林の中から満月が見られるなんて、ロマンチックで素敵な夜だわ。ねえ、あなた」

 と言われたので、源一郎は年甲斐もなく恥かしくなり、

「まあ、その。和子と一緒に過ごした青春時代を思い出したよ」

「あら、本当に。でも、あなたからその言葉を聞いただけでも、箱根に来て良かったわ」

 その言葉に、またまた源一郎は年甲斐もなく恥かしくなり、

「よし、それじゃ、自動販売機でビールとウーロン茶を買いに行こう!」

 と言うことになり、二人は外出の支度を済ませ、戸締りしてから部屋を出て行った。


 一階の一〇一号室に戻って来た雅之と夕子は、隼人をお風呂に入れた。お風呂が済むと、隼人は昼食以降寝ていなかったので、すぐ寝てしまった。静かになったところで雅之がベランダに行った。空を見上げるなり、

「おや、さっきまで曇っていたのに今は満月が出ている。これなら明日も晴れて暑くなりそうだ」

 と言う声を聞いた夕子もベランダに来て、

「あら、本当だ! ベランダから満月が見られるなんて、ロマンチックで素敵な夜だわ」

「よし、今夜は満月を見ながら一緒にビールを飲みたいから、先に温泉に入ってくる。そして自動販売機でビールを買って来よう」

「それじゃ、私は雅之さんが戻るまで隼人を見ているわ」

 と言ったので、雅之は外出の支度を済ませ、隼人の寝顔を見てから部屋を出て行った。


 隣の一〇二号室に戻って来た福山夫妻も、NHKのニュースを見ることにした。ニュースが終わると、正はベランダに行った。空を見上げるなり、

「おや、今まで曇っていたのに満月が出ている。これなら明日も暑くなりそうだ」

 と言う声を聞いた利律子もベランダに来て、

「あら、本当だわ! 箱根に来て満月が見られるなんて、ロマンチックで素敵よね。ねえ、あなた」

 と言われたので、正は年甲斐もなく恥かしくなり、

「よし、それじゃ、今夜は月がとっても青いから、二人で散歩に行こう!」

 と言うことになり、二人は外出の支度を済ませ、戸締りしてから部屋を出て行った。

その3に続く。


[PR]
by stone326 | 2018-02-03 09:23 | 物書きへの道


マカロニ・ウエスタンの歌詞とその魅力について


by stone326

プロフィールを見る
画像一覧

このブログについて

本ブログはマカロニ・ウエスタンの映画の主題歌(日本語訳)を紹介します。

本ブログの歌詞は、株式会社IMAGICAエンタテイメント発売のDVDから使用しています。

本の紹介

FLNG船 二〇二二年


ご注文はこちらから


北極熊はどこへ行ったの(第一部)


ご注文はこちらから


勇と美穂のスマホ渡り鳥


ご注文はこちらから

ライフログ


マカロニ・オヤジとつぶやきの用心棒(一)


マカロニ・オヤジとつぶやきの用心棒(二)


ジュリアーノ・ジェンマ特集


フランコ・ネロ特集

カテゴリ

全体
物書きへの道
各駅停駅メロ小説
マカロニ・ウエスタンの歌詞
北極熊はどこへ行ったの
未分類

最新の記事

(57)朝日新聞出版 「マカ..
at 2018-05-13 09:44
(56)朝日新聞出版 マカロ..
at 2018-04-27 08:39
(31)「北極熊はどこへ行っ..
at 2018-02-25 08:25
(30)「北極熊はどこへ行っ..
at 2018-02-24 08:11
(29)「北極熊はどこへ行っ..
at 2018-02-23 08:37

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 08月
2012年 11月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
シニアライフ

画像一覧