人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

(25)『西部開拓史』を観て

以前のブログでユル・ブリンナー主演の大西部無頼列伝について書きましたが、マカロニ・ウエスタンには他にも、リー・ヴァン・クリーフ主演の西部悪人伝西部決闘史があります。そこで何となくハリウッド・ウエスタンの西部開拓史を、また観たくなりDVDを借りました。

この映画は当時のハリウッド・スターが多数出演しています。ジョン・ウェインを始めとしてヘンリー・フォンダ、ジェームス・スチュアート、グレゴリー・ペック、ジョージ・ペパード、キャロル・ベーカー、リチャード・ウィドマーク、何ともまあ豪華な顔合わせです。

ここまでなら、あえてブログに書くほどのことはありませんが、な、何とリー・ヴァン・クリーフはもとよりイーライ・ウオラック、ラス・タンブリンも悪役ではありましたが出演していました。もう嬉しいこと、嬉しいこと・・・・・・。

その後、リー・ヴァン・クリーフとイーライ・ウオラックが続・夕陽のガンマンで運命的な顔合わせるになろうとは。もう大袈裟ではありますが、コロンブスが一四九二年にアメリカ大陸を発見したような感動が・・・・・・それにしてもネットの情報とは有難いものです。また今度じっくりと続・夕陽のガンマン』のDVDを観るつもりです。

 それでは次に本映画の主題歌の歌詞を紹介します。

 星を見よ 美しく輝け

 主の造りたもうな 世の上に

 草原に作るわが家を

 行こう すばらしい国へ

 望みを胸に 思いを手に

 君のために家を建てよう

この歌詞を、今あらためて読むと、東日本大震災で家を失った人たちのことを思い出します。何の力もない筆者は寄付をするとか、東北に出かけてお金を使うことしかできません。それと主にお祈りをすることです。


by stone326 | 2016-01-20 08:30 | マカロニ・ウエスタンの歌詞

(24)『リバティ・バランスを射った男』を観て

本映画は劇場公開された時に映画館で観たことがあり、筆者がまだ高校三年生の時でした。何故この映画を観たかというと、ジーン・ピットニーの唄う主題歌が素敵だったからです。ちなみに筆者が買ったドーナツ盤はザ・フェアマウント・シンガースでした。

ストーリーは、五十七年も経った今では少ししか憶えていません。出演者がジェームス・スチュアートとジョン・ウェインだということくらいです。したがって、リー・ヴァン・クリーフが出ていることやリー・マーヴィン、エドモンド・オブライエン、女優ではヴェラ・マイルズ、それに『スパルタカス』という映画で、カーク・ダグラスと闘技場で戦ったウディ・ストロードも出ていたことを知ったのは、もちろんネットからです。筆者が『スパルタカス』を観たのも高校三年の時だったのです。

ということでブログを書くことにしました。それにしてもネットを検索すると、本映画についての記事が山ほど載っています。YOU TUBEを検索したら、有難いことにリー・ヴァン・クリーフとジョン・ウェインが酒場で、やり合う場面がありました。当時、下っ端役だったリー・ヴァン・クリーフは、当然の如くジョン・ウェインに軽くあしらわれていました。

ですが、マカロニ・ウエスタン・フアンにとっては、若かりし頃のリー・ヴァン・クリーフの姿は、とても貴重な映像なのです。ネットの記事といい、YOU TUBEの映像といい、筆者が高校三年生だった時の思い出を鮮やかに蘇らせてくれた『リバティ・バランスを射った男』という映画は、筆者にとってはとてつもなく大きなものなのです。
by stone326 | 2016-01-17 21:02 | マカロニ・ウエスタンの歌詞

(23)『OK牧場の決闘』を観て

映画の冒頭シーンから、いきなり三人のごろつきが馬に乗って、カーク・ダグラス演じるドク・ホリディのいる酒場に乗り込み決闘を挑みますが、その一人がリー・ヴァン・クリーフで、あっけなくドク・ホリディに殺されてしまいます。

画面で観た若い時のリー・ヴァン・クリーフの顔と声は、筆者らマカロニ・ウエスタン・フアンにとっては貴重な一場面でした。本映画は当時の二大ハリウッド・スターの共演ということで大ヒットしました。しかしながら、ネットの情報でリー・ヴァン・クリーフの出演を知らなかったら、おそらく『OK牧場の決闘』という映画を筆者は二度と観なかったことでしょう。すると次に示すような素敵な歌詞にも遭遇することはなかったと思います。

 馬は行く
 地獄のかなた
 悲しみをおさえて
 兄の救援へ
 恋人の涙をあとに
 ツーム・ストーンに敵が待つ
 二人の行先は
 日の照る場所か 墓場
  
 墓場が丘に
 風も絶え
 冷たく死んだ
 殺し屋ども
 OK牧場の決闘で

ありました、ハリウッド・ウエスタンにもこのような素敵な歌詞が。最初にマカロニ・ウエスタンの歌詞のメモから始まった“新たなる旅立ち”が、今度はハリウッド・ウエスタンにも向けられようとしています。

早速ながらアンダーラインの日の照る場所は、『情無用のコルト』の歌詞、日向の丘が待っているを。そして墓場は『さすらいのガンマン』の宣伝文句、沈む夕陽の その果てに俺の墓場が待っている、若しくは『夕陽の墓場』を思い出させます。

さらには、筆者らシルバー世代にとっては日の照る場所というと、そうです、ハワイアン歌手の日野てるこさんを思い起こします。ネットを検索すると、代表曲には一九六五年に発表した夏の日の思い出があります。関係ありませんが、生まれた年が筆者と同じでした。しかしながら残念なことに、七年前に死去されていました。

リー・ヴァン・クリーフがハリウッド・ウエスタンに出演した『OK牧場の決闘』の主題歌の歌詞から、思いがけなく日野てるこさんを知ることになり、時々日野てるこさんの歌をスマホで聴くようになりました。
by stone326 | 2016-01-14 10:45 | マカロニ・ウエスタンの歌詞

(22)『真昼の決闘』を観て

本映画を始めて観たのは、一九七三年三月のゴールデン洋画劇場だったと思います。その後も幾度となくTVで放映されていました。またDVDもかなり安くなってきており、五百円で購入できるようです。またYOU TUBEでも、オープニンブや最後の決闘場面を観ることができます。ネットで本映画を検索すると、さすがハリウッド・ウエスタンの名作だけあって数多くの記事が載っており、筆者が改めて書くのもおこがましいと思います。

ということで、別の観点から文章を書くことにしました。それは本映画にもリー・ヴァン・クリーフがチンピラ役で登場していることです。但し、今回はオープニングから颯爽と登場しており、『夕陽のガンマン』三部作や『怒りの荒野』などで、十分に彼の魅力が頭に叩き込まれている筆者はもちろんのこと、マカロニ・ウエスタン・フアンには貴重な場面です。そして最後の決闘では、主人公のウィル・ケイン保安官(ゲイリー・クーパー)に馬小屋の中で殺されてしまいます。

マカロニ・ウエスタンは知らないとか興味がない、もしくはリー・ヴァン・クリーフを知らない方なら、本映画はDVDを購入してまで観る人は少ないと思います。本映画のDVDを購入したり、YOU TUBEを検索したりする人は、ほぼマカロニ・ウエスタン・フアンであり、リー・ヴァン・クリーフのフアンであると思っています。

そしてYOU TUBEを検索すると、あの懐かしきチャック・コナーズ主演のTVドラマ『ザ・ライフルマン』にも登場している場面がありました。またサントリーオールドのコマーシャルに出ていたのは記憶に新しいことでした。他には東京十二チャンネルで放映されたドラマ『華麗なる復讐』がありました。
by stone326 | 2016-01-11 08:23 | マカロニ・ウエスタンの歌詞

(21)黒沢明監督、三船敏郎主演の『用心棒』を観て

先日、マカロニ・ウエスタンの原点となった黒沢明監督、三船敏郎主演の『用心棒』のDVDを借りて観ましたので、感想を今風に書くことにしました。 

本映画に関しては、過去にたくさんのプロの評論家が書いているので、そういう方々に失礼のないように書かねばならないので、非常に難しいところです。気楽にマカロニ・ウエスタンのブログを書くのとはわけが違います。やはり本映画について書くのに、一瞬戸惑うとか意識をしてしまう、いや、意識させられるという状況になってしまうこと事態が、名作といわれる所以でありましょうか! か、といって今更辞退することもできないので一言だけ。

筆者自身は『荒野の用心棒』を観てから、十年後くらいにTV放映の『用心棒』を観たので、そんなに『用心棒』が面白いとは思っていませんでした。しかしながら、今までのブログで書いてきたように、マカロニ・ウエスタンの本当の魅力とは! そして音楽、カメラ・ワークのうまさなどを合わせて、『用心棒』を丁寧に観ていくと、そういう箇所が数多く見られました。それが何なのかを筆者が語るよりも、実際にDVDを観るとかTV放映されたなら、ぜひともご覧になることをお勧めします。

『荒野の用心棒』が日本で劇場公開された時、日本の評論家の多くの方々が、これは明らかに『用心棒』の盗作であり、著作権の侵害であると。しかしながら、マカロニ・ウエスタン・フアンの多くは、マカロニ・ウエスタンのブームにのって『用心棒』の映画を知ったのであり、日本映画に名監督黒沢明ありを知ったのも、これまた事実であります。

それゆえに監督のセルジオ・レオーネ、音楽のエンニオ・モリコーネ、そしてクリント・イーストウッドがいなかったとしたなら、ただ単に日本の時代劇として『用心棒』という映画が歴史上、存在しただけだったのではないでしょうか。これからも末永くマカロニ・ウエスタンは語り続けられていくと同時に『用心棒』という映画もまた、人々の記憶に残っていくことと思います。
by stone326 | 2016-01-08 15:13 | マカロニ・ウエスタンの歌詞


マカロニ・ウエスタンの歌詞とその魅力について


by stone326

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

このブログについて

本ブログはマカロニ・ウエスタンの映画の主題歌(日本語訳)を紹介します。

本ブログの歌詞は、株式会社IMAGICAエンタテイメント発売のDVDから使用しています。

本の紹介

FLNG船 二〇二二年


ご注文はこちらから


北極熊はどこへ行ったの(第一部)


ご注文はこちらから


勇と美穂のスマホ渡り鳥


ご注文はこちらから

ライフログ


マカロニ・オヤジとつぶやきの用心棒(一)


マカロニ・オヤジとつぶやきの用心棒(二)


ジュリアーノ・ジェンマ特集


フランコ・ネロ特集

カテゴリ

全体
物書きへの道
各駅停駅メロ小説
マカロニ・ウエスタンの歌詞
北極熊はどこへ行ったの
未分類

最新の記事

(57)朝日新聞出版 「マカ..
at 2018-05-13 09:44
(56)朝日新聞出版 マカロ..
at 2018-04-27 08:39
(31)「北極熊はどこへ行っ..
at 2018-02-25 08:25
(30)「北極熊はどこへ行っ..
at 2018-02-24 08:11
(29)「北極熊はどこへ行っ..
at 2018-02-23 08:37

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2013年 12月
2013年 08月
2012年 11月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

映画
シニアライフ

画像一覧